目的別のアロマオイル利用法

トップページ > 目的別のアロマオイル利用法

目的別のアロマオイル利用法

目的別のアロマオイル健康法があります。西洋では長く医療でも用いられてきた実績のあるハーブですが、食べられるものは食べてもいいし、お茶にしてもよし、またはアロママッサージで皮膚から吸収させてもよいし、お風呂や足湯に数滴たらしてリラックス、そして眠りやすくするために寝室に、または部屋自体をほのかな香りにする為に、アロマオイルを活用してみましょう。

 

ストレスを癒すために、薬ではなく、生活習慣からとか、こうした体にダメージがすくないもので体調をコントロールできればかなり助かります。目的別、症状別に利用方法があるアロマオイルですので、欲しい効能のアロマオイルをセレクト、または効果というよりは自分の好みの香りがいいという方はそれでもOKです。なによりも自分自身が好きな香りであれば、それだけで癒される可能性が高いからです。

 

肩の凝らない方法で、アロマオイルの効果を楽しんでみてください。目的別に使いこなせればあなたもアロマイルのスペシャリストです。

 

東京のライブハウスなら
ライブハウス塚本エレバティ